>

総入れ歯にすると困る事を調べてみた

総入れ歯にすると困る事

総入れ歯にすると困る事は、咀嚼機能が弱まる事や自分の歯よりも分厚くなり、違和感があります。
歯槽骨の吸収が進んだり、使用すればするほど偽物の歯が合わなくなってきたりします。
それ以外にも、外れたりする事があります。
リンゴなど固い物も食べにくくなってしまいます。
総入れ歯になるとメリットよりもデメリットのほうが多いため、できるだけ総入れ歯にならないよう気をつけましょう。
万が一、総入れ歯になってしまった場合には、自分に合った入れ歯の種類を使用して作ってもらいましょう。
安かろう悪かろうではないですが、インプラントの入れ歯が長い目で見ておすすめです。
かなり高価ですが、何十年と持つので、1日あたりで考えるとコスト的には安いのかもしれません。

入れ歯とインプラントの違い

総入れ歯は、上の顎の粘膜に密着させて、下顎は歯茎の上に固定します。
口全体を入れ歯が覆ってしまうため、食べ物の味や温度をあまり感じる事ができません。
入れ歯が自分の口に合っていないと、入れ歯がすぐに外れてしまったり、上手に噛む事ができません。
一方、インプラントの入れ歯は、自分の歯なのかと錯覚するくらいの力で様々な物を噛む事ができます。
しっかりと固定されているため、インプラントが外れる心配がなく、見た目も金属など見えず綺麗です。
総入れ歯とインプラントの違いを改めて考えてみると驚くほどの違いがたくさんありますね。
総入れ歯とインプラントの違いやメリットとデメリットを考えた上で、どちらにするか決めましょう。


この記事をシェアする