>

インプラントの入れ歯にするメリットとデメリット

メリット

インプラントはとても高価ですが、固い物でも気にせず噛む事ができ、金属が見えないため、人と話す時も恥ずかしくなく安心できるなどのメリットがあります。
入れ歯と違い入れた歯が外れない事も大きなメリットです。
他の歯への影響も少ないと言われています。
歯がある事で顎が痩せにくくなり、顔全体の見栄えも良いです。
この他にも、様々なメリットがありますので機会があったら調べてみてくださいね。
一番は、お金をかけず、日ごろから手入れをし、歯の治療をしない方が良いですが、高価なお金を払ってでも、これだけのメリットがあるのであればインプラント入れ歯に変更しても良いかもしれません。
インプラント入れ歯を使用し、歯も心も美しくなっちゃいましょう。

デメリット

インプラント入れ歯にする事で通常の入れ歯よりも、噛み合わせが良すぎる事がデメリットです。
何故かというと、噛み合わせが良すぎる事で、噛み合わせが強い方は特に被せ物が割れてしまったりする可能性が高くなります。
それを回避するために、金属の被せ物にしたり、割れるたびにその都度、白い歯を入れたりします。
その他にも、噛み合わせる自分歯の歯周病などの予防もしっかりしましょう。
予防を怠ると、その歯もいずれインプラントにしなければならず、膨大な費用がかかってしまいます。
複数回の手術をしなければインプラントを作る事ができませんので、通常の入れ歯のように簡単にはいきません。
手術をするたびに歯の激しい痛みや腫れを伴います。


この記事をシェアする