江戸時代の入れ歯は彫刻家が作っていた!?

入れ歯と簡単に言っても様々な種類がある事を皆さんは知っていますか?入れ歯をつける事になったけど、どんな種類があるか分からないなという方のために、入れ歯の種類についてお話したいと思います。 自分の入れ歯を作る前に事前に入れ歯の種類を知っておきましょう。

おすすめリンク

代官山の歯医者一覧

あなたのお家の近くにある、代官山各所の歯医者さんをご紹介。歯医者さんは近場で便利に快適に!

インプラントの入れ歯にするメリットとデメリット

インプラントの入れ歯にするかどうか悩んでいる方向けに、インプラント入れ歯のメリットとデメリットについて詳しくお話ししたいと思います。 インプラントのメリットとデメリットを良く学び、入れ歯を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。 この記事を読んでからインプラントの入れ歯にするか決める事をおすすめします。

総入れ歯にすると困る事を調べてみた

初めて総入れ歯にする方にとって、心配な悩みごとの一つ、総入れ歯にすると困る事ってどんなことだろうと考えてしまいますよね。 そんなあなたへ総入れ歯にすると困る事や入れ歯とインプラントの違いについてお話ししたいと思いますので、しっかりと読んで、確認しておきましょう。

入れ歯には種類があるって知ってた?

日本で初めて入れ歯が作られたのは、江戸時代からで、有名な将軍が入れ歯だった事は、歴史に関するドラマなどで再現されており、知っている方も多いかもしれません。
当時の入れ歯は、木ロウで口の中の型を取り、ツゲの木を削って作った物です。
なぜツゲの木かというと、ツゲの木は、固く繊細で抗菌作用があったため入れ歯を作るのには最適な木でした。
噛みやすいように、自分歯や他人の歯を土台に糸で括り付け、奥歯は金属でできた釘を何本も刺していました。
現在の入れ歯とさほど変わらない形をしていたため、驚く人が多いです。
一方肉食系のヨーロッパでは、入れ歯が開発されるまで、肉をペンチに似たようなもので切り、歯がなくても食べやすいように工夫していました。
日本で入れ歯が使われていた時代から、およそ200年後にヨーロッパで入れ歯が開発されました。
ちなみに、日本の入れ歯をだれが当時作っていたかというと仏像などを彫る彫刻家の方が、依頼されるたびに手作業で1つ1つ彫っていました。
このサイトでは、入れ歯の種類やインプラントのメリットとデメリットや総入れ歯にすると困る事など、入れ歯に関する基礎的な事から上級者にしかわからないような事まで書かれている記事です。
入れ歯に関して詳しく知っているという方は、再度、復習もかねて読んでみてください。
入れ歯に関して、一切知識がないという方は、読み応えがある記事ですので読んでみる事をおすすめします。